生物調理学者観察日誌

大航海時代online Boreas鯖 生物調理学者Miaの観察記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏丸焼きニンニク詰め

今回は言わずと知れた高回復料理、「鶏丸焼きニンニク詰め」です!

この料理のポイントは、なんと言ってもその回復量の多さ。
高Lvプレイヤーはアイテム枠の制限からコレばっかりになってる人も多いと思います。

呼び方は人により「鶏ニンニク」「鶏丸焼き」などまちまちですね。
私は「鳥丸」と呼んでます。

料理としての効果は↓
torimaru.jpg

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング

料理長の肉料理レシピの調理R14の料理です。
材料は鶏肉(1)+ガーリック(1)+ブランデー(1)で通常2個大成功3個出来ます。

マラガ・ファロ・リスボンで材料がそろえることが出来て、比較的作りやすいため量産に向いています。(香辛料取引が必須)
調理R14がネックですが、神秘の香辛料(30秒間だけ調理+5)を使えば、
調理R6+副官(1)+ベルベットのリボン(1)+調理師/パティシエ専門(1)+神秘(5)で作ることが出来ます。
この状態で作れば、あっという間に調理Rは上がるでしょね^^;

この料理の意外な落とし穴が銀行手数料。
1つ127㌦もします。
999個入れると12万㌦(127K)ほどかかるのでご注意を。

☆調理手順(想像なのでレシピ外の材料も使用します)
①鶏の表面と中を軽く洗って水気を取り、表面と中に塩をすり込む。
②皮をむいたニンニク・タマネギ、セロリの葉を鶏の腹に詰める。
③バターを溶かし、ブランデーと混ぜ合わせる。
④③をハケで鶏の表面にたっぷり塗りなじませておく。
⑤鶏に鉄串を刺して炭火に掛け、時々回転させながらじっくり焙り焼きにする。

<オーブンを使う場合>
⑤200℃のオーブンで30分焼く。
⑥10分おきに③とオーブン皿に溜まった肉汁をあわせたものをハケで塗り、更に40~50分焼く。


1つ当たり材料原価:(鶏肉(390㌦)+ブランデー(900㌦)+ガーリック(290㌦))/2=790㌦
銀行手数料:店売り価格(2540㌦)*0.05=127㌦
1つ当たり製造原価:917㌦

1時間当たりの人件費:600K/h
1時間当たりの作成数:マラガ→ボルドー⇔ナント移動で800個/h
1つ当たり人件費:750㌦

1つ当たり原価:1667㌦

商館販売価格:3500㌦
商館手数料:3500㌦*0.05=175㌦

最終利益:商館販売価格(3500㌦)-1つ当たり原価(1667㌦)-商館手数料(175㌦)=1658㌦/個

スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dolmia.blog67.fc2.com/tb.php/7-01961ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。